CITY HUNTER Wiki
Advertisement

麻生 かすみ(あそう-)

声:冨永みーな

人物解説[]

通称:怪盗305号。麻生家は代々泥棒請負業の家系。丸顔で額が広い童顔のため実年齢よりもやや幼い印象を受けるが、顔立ち自体は清楚である。スリーサイズはより上。とは高校生の時、警察に追われている所に遭遇する。この時、レオタード姿ですばしこく跳びながら警察の追及をかわしていたため、「空跳ぶオシリ」と呼ばれる。獠との関係は、とある老花師(原作では依頼人だがアニメでは祖父)が育てた黒いチューリップが超常現象研究家の不律乱寓に奪われたため、これを奪い返すべく、協力を依頼したことに始まる。その後、成人し一族の掟により、祖母の麻生やよいから許婚の麻生崇司との結婚を迫られ、この掟を逃れようと獠にニセ恋人を演じてもらいたいと再び依頼、獠が許婚の崇司との勝負に勝利し、婚約の掟から解放された。しかし、「獠に心を奪われた」と祖母に指摘され、獠の心を盗むまで一族の元に帰ってはならぬと宣告された。海坊主喫茶キャッツアイを住み込みで手伝いながら、獠の心を奪うべく虎視眈々と機会を狙う。同じく獠に心を寄せる麗香と時に共闘しながらも獠を巡って競う。メインキャストで唯一獠に「二度」仕事の依頼をして、かつ純粋な依頼人からレギュラーに昇格したキャラ。因みに誕生日は美樹と同じで、原作では1969年1月15日生まれ。シティーハンターのメインキャストでは数少ない誕生日が明確になっているキャラ。尚、レオタード姿は作者の前作である『キャッツ♥アイ』の主人公と似ており、作者本人もそれを認めている。
Advertisement