CITY HUNTER Wiki
Advertisement

槇村 香(まきむら かおり)は、北条司の漫画『シティーハンター』(以下、『C.H.』と表記)および『エンジェル・ハート』(以下、『A.H.』と表記)に登場する人物。アニメの担当声優は伊倉一恵実写映画版ではジョイ・ウォンが演じ、吹き替えは冨永みーなが担当した。

本項では、『シティーハンター』での描写を中心に解説する。

キャラクター概要[]

「シティーハンター」こと冴羽獠の親友・槇村秀幸の妹。兄・秀幸が麻薬組織に殺害されたことを機に、獠の相棒となり同居する。獠の仕事の選り好みや、歓楽街で昼間からツケで飲み歩くなどの散財癖に加え、依頼を解決しても報酬が支払われないことも多いため、常に資金繰りに頭を悩ませている。誕生日は1965年(アニメ版では1967年)3月31日。

依頼人に手を出し続ける獠を、100tハンマーで殴るなど、かなりの怪力である。他にも、特大こんぺいとう(モーニングスター)で、獠をぶっ飛ばすなどの「天誅」を加える(後述)。依頼人の美女が獠のマンションに泊まった場合は、深夜に起き出して、依頼人に夜這いをかけようとする獠を警戒、牽制する。時には大掛かりなトラップも用いて獠の乱行を阻止する。

人物[]

依頼人の美女に負けない程の美人だが、獠が唯一「もっこり」しない女性である(ただ、出会ったばかりの頃やそれ以降も極まれに「もっこり」する時がある)。原作・アニメ共に初期の一人称は「オレ」。男っぽい所作や言葉遣い、長身、ショートヘアといった外見などから、たびたび男性と間違えられることがあり、本人はそれを非常に嫌っている。高校時代から女子生徒に羨望のまなざしを向けられ、ラブレターやバレンタインデーのチョコを大量に贈られていた。獠と出会って以降も、本人の与り知らぬところで密かにブロマイド写真が売られた際には女性が主な購入者だったこともある。そんな香も、年齢を重ねるごとに女性らしさを身につけていった。獠とは高校生の頃に出会っており、彼に対して素直ではないが健気な愛情を抱いている。家事全般をこなし、仕事の依頼を取り付けてくるなど、いい加減な獠をアシストしている。ただし料理は獠や兄の秀幸の方が上手いらしい。恋愛に対しては鈍感であり、獠に「愛する者がいる」と言われてそれを自分以外の女性であると曲解したり、男性から寄せられる好意にも気付かない。獠に対して好意を抱いていると第三者に指摘されるとムキになって否定する事が多いが、相手の心を見通す少女に指摘された際にはごまかせないとして、獠への想いを認めている。

髪型と容姿[]

初期から一貫してショートカット。連載中期あたりから襟足の髪をやや伸ばすようになったものの、セミロングには至らない程度の長さ。化粧もほとんどしないため、男性と間違えられることも少なくない。ただし、事情によって(変装など)ロングヘアのかつらを被ることもあり、その時の彼女は誰もが認めるほどの美しさであり、このときは獠も香に見惚れて「もっこり」している。

男であると勘違いされることを嫌がっていた香だが、終盤には首の辺りまで伸ばしていた髪を自ら切り落とし、決意の表れを示している[1]

パートナーとしての技量[]

実は射撃の腕はそう悪くはないのだが、獠の計らいで銃に細工がなされていたため、的確な照準が出来なかった(理由は後述)。そのため香は自分の腕が上達していないと思い込むことに加え、しばしば敵にさらわれ、拉致されることなどから「獠の足手まといになっている」と思い悩むあまり、単独で無茶な行動に出ることもある。だが長く獠のパートナーとして行動し、経験を積んだことから、勘が働くようになり、獠の作戦や次の動きを読み取ってそれに合わせて行動するなど、次第に2人の息が合うようになった。香自身も腕をあげており、刺客のナイフに対しては、咄嗟に鞄を盾にして身を守ったり、拘束された際も、護身用に潜ませてある剃刀で縄を切って拘束を解くなど、単独でもそれなりの行動はできるように成長していった。また、ミック戦では正確な射撃を見せている。

バズーカを使わせると“ある意味”超一流である。敵に狙いを定めて発射しても、敵周辺に着弾するために爆風や破片で相手を気絶させるだけで殺すことはない。前後逆に構えて撃った際には、偶然後ろに敵がいて倒したこともある。海坊主からトラップの技術を伝授されており、その腕前はかなりのものである(なお、トラップをいつどのように習得したかは原作では不明だが、アニメにおいてはエピソードの一部差し替えにより、香が銀狐に狙われた時に海坊主からトラップ伝授を受けるシーンがある。これによって殺し屋の銀狐を相手に善戦したが、最後は後ろから狙撃されそうになる所を獠に助けられており、詰めが甘いところがある)。

アニメ『シティーハンター2』では、テロリスト集団ブラックアーミーの手により記憶を一時奪われ、セイラとして獠と対決したこともあるが、彼の手で記憶を取り戻している。

武装・所持品など[]

初代ホンダ・CR-Xを、愛車として使用する。愛銃は兄の形見のコルトローマンMK-III(『C.H.』文庫本16巻のみS&W M19を使用)。獠曰く「香に人殺しをさせたくない。手を汚れさせる前に、この世界から足を洗わせたい」という想いから、護身用として香に渡した槇村の形見の拳銃には、サイトに細工がなされており正確な照準が出来なくしていたが、ミックとの戦いを機に獠はそのサイトを正常に調整した。ただし、作中ではその調整後に香が銃を撃った場面はない。なお、彼女の服のボタンには獠によって盗聴器兼発信機が取り付けられており、香の身に危険が及んでも直ぐに状況を把握できるようになっている。

また、これらとは別に美女に「もっこり」して襲い掛かる獠に「天誅」を下す手段として以下の道具を使用する。

「天誅」に使用する道具[]

ハンマー
香の伝家の宝刀。漫画では殴るだけだが、アニメではブーメランのように投げたりする。獠が一番痛い思いをしている香の「天誅」である。香が依頼人の美女に護身用に渡して、獠が不意打ちを喰らうこともある。ハンマーに書いてある文字も多様で「10t、100t、100万馬力、天誅、悪霊退散、うそつき、○○記念(ハンマー使用回数や80年代最後、90年代最初)」などなど。形も通常の槌だけでなく象の形(ちなみに象の平均体重が書いてあった)をしたものなど多種多様。彼女が使用する100tハンマーは、何も持っていないところから唐突に出されているため、どこから出しているのかと獠も突っ込んでいた。アニメでは、香の部屋の中の収納庫にハンマーが大量に収納されていた。また、オーラのようなものにより香の手にハンマーが形成されていく描写もある。ハンマーの数字に関しても時には1期1話から通した話数が書かれたり、ハンマー使用回数が書かれるなどお遊びがあった[2]。 なお、野上冴子は獠が浴室に出現した時に「警視庁」と書かれたハンマー(色も白黒ツートン)で撃退している。また、90年代最初のハンマーは香が誘拐されたため、友人の北原絵梨子が使用した。
こんぺいとう
トゲを付けた鉄球で、1~6号、20号などがある。天誅、トラップとしても使用されるために用途が広い。獠が壁にめり込み「香ちゃん…ヒドイ…」など言ってから倒れることが多い。
手榴弾、爆発物(ブービー・トラップ)
海坊主直伝のブービー・トラップで依頼人の美女を獠の夜這いから守るために用いることが多い。安全ピンにワイヤーを付けて、獠の部屋の前などに張り巡らす。または、獠の部屋の天井には、抜け道があるので爆発物を仕掛けたこともあった。
煩悩退散棒
お寺の鐘をつくようにして使う。天誅、トラップとしても使用するために用途が広い。浴室のトラップとしても使用。
電気ショック
ハンマーのパターンに慣れている獠に対して使用した武器。実際に医療現場で使用している物をアレンジしたもの。
すまき
布団に獠をグルグル巻きにしてロープで縛る。マンションから吊るして一夜を過ごさせることも珍しくない。たまに寝冷えで獠が風邪を引いたりする。連載終盤にはミックも吊している。
対もっこり貞操帯
獠のもっこりを防ぐための鋼鉄製の貞操帯。幾たびもの獠の強靭なもっこりに耐えきれず金属疲労で壊れてしまったことがある。
銃撃
前述にも再三再四記述されているように射撃は下手だが、獠のもっこり時には正確な射撃をしている。
その他
隣の部屋で着替える美女を覗くための覗き穴から、発砲したこともある。また、美女の夜這い防止にベッドに縄で拘束することもある。

家族[]

兄の槇村秀幸とは血の繋がりはない。槇村の父が追跡中に事故死させた犯人・久石純一の娘である。乳児の香は槇村家に引き取られ、秀幸の妹として育った。その事実は19年の間、ずっと伏せられていた。しかし、槇村は香の二十歳の誕生日に(香の)生母の指輪と共に真実を話すつもりでいたが、その矢先に殺害されてしまう。槇村は、香が養子であることを知られていないと思っていたが、香は槇村がまだ生きていた頃から、兄と血縁関係が無いことも全て知っていた。獠に最初に会った際にそれを漏らしている。

実の姉がいたことは後に明らかになる。久石の妻に引き取られ生き別れになっていた姉・さゆりは、立木という姓を名乗り、『ウィークリィ・ニュース誌』で編集長を務める優秀なキャリアウーマンに成長していた(『C.H.』での声優は榊原良子、『A.H.』では潘恵子)。さゆりは香に、危険な仕事をやめて一緒にアメリカで生活するよう促したが、香の強い想いを慮り断念した。

エンジェル・ハートでの登場[]

C.H.』とはパラレルワールドである作品『A.H.』では、実体としての登場はない。エピソードや回想シーンに登場している。 獠からのプロポーズを受け、終生のパートナーとして生きていく決意を固めたが、本当の名前も戸籍もない獠とは法的に認められる婚姻は出来ない。無論、香もそのことは承知していたが、せめてウエディングドレスを身に纏って獠と記念写真を撮りたいと願っていた。渋々ながらも獠も香の願いを聞き入れ、ようやく叶った念願の写真を撮る予定の日。所用を済ませて足早に写真館に向かう途中、自動車の前に飛び出した幼児を保護しようと自らの身を挺し、交通事故で死亡している。だが生前にドナー登録をしていたため心臓は摘出され、暗殺者「グラス・ハート」と呼ばれる同作のヒロイン・香瑩シャンイン)に移植された。これにより彼女の中に香の心が宿り、香瑩の人間性にも大きく影響を及ぼすこととなる。

この作品では歌舞伎町にある診療所に勤務していたときに獠と初対面を果たしていたことになっている。弱者や困難な身の上の人々に手を差し伸べる慈愛に満ちたエピソードも描かれている。また、自分の肉体の一部と心を受け入れた香瑩を、実の娘のように優しく包む母性的側面が大きく描かれているほか、射撃の才能が全くないなど設定にも『C.H.』からの変更点がいくつか見られる。また、獠に「天誅」を下す役どころは香瑩となった。

年齢については、2000年5月12日に死亡した時点で28歳とある。

脚注[]

  1. アニメ版では、この時期の連載エピソード(1991年ごろ)は現在に至るまで映像化されていないが、1997年のスペシャル版で髪形が変わっている
  2. ちなみに100回と言ったキリのいい回数の時には記念ハンマー(しかも編集部贈呈)となっていた
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は槇村香にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
Advertisement