CITY HUNTER Wiki
Advertisement

小比類巻 かほる(こひるいまき かほる、1967年3月16日 - )は、青森県三沢市出身の女性ミュージシャン、歌手。本名同じ。血液型B型。身長162cm。青森県立三沢高等学校卒業。愛称は「コッヒー」。

略歴[]

  • 1985年10月21日、1stシングル「NEVER SAY GOOD-BYE」(TBS系ドラマ「ポニーテールはふり向かない」主題歌)でデビューし、同年11月には1stアルバム「CALL MY NAME」をリリース。
  • 1986年、OVAアニメ「ガルフォース」にて初めてアニメの主題歌を担当する(楽曲は2ndシングル「両手いっぱいのジョニー」)。
  • 1987年、アニメ「CITY HUNTER」にて第1話から第26話まで主題歌を担当し、カップリングの「WHAT'S GOIN' ON」で挿入歌も担当した。同年12月31日、「Hold On Me」でNHK紅白歌合戦に初出場。
  • 1988年2月28日、29日には自身初となった日本武道館ライブを行った。
  • 1999年には青森県立保健大学の校歌「新たな未来へ」作詞、作曲を手がけた。
  • 代表曲は「Hold On Me」(日本テレビ系ドラマ「結婚物語」主題歌)、「City Hunter〜愛よ消えないで〜」(アニメ「CITY HUNTER」主題歌)、「TONIGHT」(日本テレビ系ドラマ「新婚物語」主題歌)、「TOGETHER」「DREAMER」(TDKCMソング)など。
  • 愛称の「Kohhy」名義でプロデュースや、楽曲提供もしている。

人物[]

  • 幼少期からFEN(現・AFN)を聴いていた事から自然と洋楽を耳にする事が多く、それを子守唄にしていたほど。影響を受けたアーティストは、洋楽ではクインシー・ジョーンズ、マーヴィン・ゲイ、パティ・オースティン、邦楽ではラッツ&スター及び鈴木雅之を挙げている。
  • 「ルパン三世」が大好きで放送日には必ず走って家に帰り、テレビにかじりつくように観ていた。ちなみに五右衛門のファン[1]
  • 槇村香役の声優のオファーを原作者の北条司から直々に受けていたが、その頃はボーカリストとしての実力に磨きをかけていた時期で、歌手として頑張っていきたいという本人の強い意志で主題歌のオファーのみ引き受けた[2]
  • 同じ高校の人によると文化祭では抜きん出た歌唱力を見せつけ他を圧倒していたとのこと。
  • デビューのきっかけは、CBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンターテイメント)からのスカウトで、実家にまでスカウトに来た際に頼まれて歌ったのが、1stアルバム「CALL MY NAME」に収録されている「潮風のラブ・コール(Just As I Am)」だった[3]。スカウトの際に女優のオファーもあったそうだが、上記の通り歌手としての道を歩むため断った。
  • 兄がおり、兄からは「かほるさん」と呼ばれていて、家庭内ではさん付けで呼んでいるという。
  • 本人曰く「スカートは絶対に履かない」主義で私服はパンツスタイルが主。
  • 左利きだが、書道を習っていたので字を書くときは右に直され、字を書くときだけは右利き。
  • 高い所が大の苦手。
  • 甘いものはあまり好きではない。
  • ふなっしーのファン。
  • オリンピックの聖火を「泡」と言ったり、数々の小比類巻の楽曲のプロデュースを手がけた元一風堂の土屋昌巳のことを「土屋さん」と言おうとして「ツッチー」と言ったり、エピック主催のライブで鈴木雅之を紹介する際に「キングオブソウル」と言おうとして「ソウルブラウンキング」と言ってしまうなど、かなりの天然ぶりが伺える。
  • 私生活では、2001年に自身の誕生日である3月16日に小比類巻のファンである一般人男性と結婚したが、2004年に離婚した。

EPICソニー[]

  • 鈴木雅之とは同じレーベルだった縁から楽曲提供を受けており、「I'm Here」(3rdアルバム「I'm Here」収録、後にシングルカット)、「MY SWEET ANGEL」「Mercy Me」(4thアルバム「Hearts On Parade」収録)の3曲を鈴木が手がけている。
  • EPICソニーの中ではBARBEE BOYSの杏子や鈴木聖美と仲が良く、2003年2月に開催された「LIVE EPIC 25」に出演した際に、涙ぐんでいた小比類巻を杏子がなだめていた。また、聖美とは「ガルフォース」や「シティーハンター」、「あぶない刑事」のサントラで共演しており、2003年2月に開催された「LIVE EPIC 25」や2016年に開催された「あぶない刑事フィルムコンサート」で共演している。
  • 後輩の久宝留理子とはたびたび交流があり、ツーショットも時折披露している。

ディスコグラフィ[]

シングル[]

  1. City Hunter〜愛よ消えないで〜(1987.05.10)

著書[]

  1. KOHHY'S STORY―写真集・小比類巻かほる物語(発行・角川書店)
  2. Bバリー・ストリートから(発行・ファンハウス)

脚注[]

  1. BS11『Anison Days』第57回放送分より。
  2. BS11『Anison Days』第57回放送分より。
  3. ソニー・ミュージックダイレクト「Otonano」Webラジオより。

外部リンク[]

Advertisement